七夕の願い事。保育園の短冊にはどんな事を書けばいいの!?

「うちの子まだしゃべれないんだけど願い事はどう書けばいいの!?」
「字がまだ上手に書けない時は親が書いた方がいい!?」
「こんな願い事は書いて大丈夫!?」

七夕の時期が近づくと保育園から短冊に願い事を書いてくるように言われますね。ただ子供の年齢によっては実際に何を書けばいいのか迷う事もよくあります。

特に上記のような悩みは皆さん共通のようです。この記事ではそんな悩みに対し先輩ママ達はどう対応しているのか?

実例もふくめ参考になる情報をまとめました。

コツをつかんで子供と楽しく願い事を考えましょう(^^)

スポンサーリンク

実際 七夕 にどう対応しているのか!?

大きく「おしゃべりできるか」「字は書けるか」で分類できます。

まだおしゃべり出来ない場合

年齢で言うと、大体2歳くらいまででしょうか。我が家の子供は3歳時点でちゃんと喋れませんでしたが(^^;)

対応としては・・・

  1. 親の子供への願い事を書く
    このケースが多いようです。
    おしゃべり出来ないと「願い事」も書けないですもんね。
  2. 親が子供の好きそうな選択肢を用意して、そこから選んでもらう
    しゃべれないけど意思表示は出来る場合です
  3. 子供が言った事をそのまま書く
    面白い選択肢ですね。「あ~」「う~」「だ~」とかの喃語(なんご)。
    「願い事はなぁに?」の問いに対する答えをそのまま書きます。

3番目はシンプルですが、保育士さんがどう受け取るか?可愛い⇔適当。悪い方に思われるリスクもありますのでご注意を!!

おしゃべり出来て字が書けない場合

年齢で言うと、大体3~6歳くらい。自分の意思表示はハッキリ出来るようになりますね。

この時期の成長スピードは本当にすごい!!

4歳くらいでメニョメニョ~っとした日本語的な字を書ける子もいます。なので・・・

  1. 親が書いてあげる
    全く字が書けない場合
  2. 子供に書かせる
    少しでも書ける場合は字の上手い下手ではなく、チャレンジ!!
    提出時は保育士さんのために裏面に何て書いたか書いてあげると親切です。

おしゃべり出来て字も書ける場合

気になるのは「内容」ですね。

自己主張が強く、夢も大きいこの時期。出来るだけ子供の意見を尊重してあげましょう。

では次から「実際はどんな事を書きているのか」をみてみましょう。

スポンサーリンク

七夕 にどんな 願い事 を書いているのか

年齢ごとに記載していきます。

0歳~1歳くらい

親の子供への願い事がメインです。

「お友達に優しく出来ますように」
「病気になりませんように」
「たくさんお散歩にいけますように」
「いっぱいお友達ができますように」
「病気やケガをしませんように」
「好き嫌いなくご飯残さず食べれますように」
「オシッコがトイレでできますように」
「たくさんお話ができますように」

子供が元気に楽しく成長してくれる事を書いていますね。読んでいてほっこりしてきます。

1歳~3歳

親が子供の好きそうな選択肢を用意して、そこから選んでもらうケース。

「プリキュアになれますように」
「○○戦隊●●ジャーになりたい」
「仮面ライダー○○になりたい」
「ドラえもんと遊びたい」
「新幹線の運転手さんになれますように」
「三輪車がこげるようになりますように」
「自転車に乗れますように」

TVの内容が分かり始め、ヒーロー/ヒロインに憧れるお年頃

お気に入りの番組が始まるとTVに全力で魅入る子供の姿が目に浮かびます(笑)

親としてはちょっと悩み事でもありますが・・・

この他にもポケモン、アンパンマン、妖怪ウォッチetc。定番の人気番組が強い!!

3歳~4歳以上

ヒーロー/ヒロインブームはまだまだ続きます(^^;)

ただ、保育園でのイベントに対してより具体的な目標設定する姿も見られます。

「かけっこで1番になれますように」
「縄跳び大会で1番になりたい」
「自転車に乗れるようになりたい」
「ゲームが欲しい」
「○○系新幹線に乗りたい」

やりたい/できるようになりたい/欲しい/1番/なりたい

より身近で現実味のある願い事(目標)が増えてきます。

この章の最後に、そんな願い事について、 より実現する可能性がUPする書き方をご紹介。

「~なりますように」ではなく「~する!!」と宣言する

たったこれだけ。
けど効果は思った以上にあります。

例えば

「自転車に乗れますように」⇒「自転車に乗れるようになる!!」

こんな感じです。
「お願い」から「宣言」に変わりますね。

小さな差ですが、願い(想い)の強さがググッとUP。

「お願いするだけ」の依存系から「自分も頑張る」の自己実現型へ

「お願いしたらお終い」の状態から、「願いをかなえるために今後どう頑張るか」を考え行動する方向へ。宣言した以上は本人も頑張りますね。

織姫様だって、願い事に向かって頑張っている人をより応援したくなるハズ(^^)

さすがに「仮面ライダーになる!!」って言われると親としても困りますが・・・
※将来 俳優になればあるいは!?

ぜひトライしてみて下さい。

3歳~4歳くらいになってくるとサッカーや陸上、水泳などTVで観たスポーツに興味をもったり、お友達に習い事に誘われる機会も増えてきますよね。

スポーツ系の習い事は体力の向上や自信がついたりメリットが沢山ありオススメです。詳細を別記事にまとめたので興味がありましたら覗いてみて下さい。

子供の習い事にスポーツが良い7つの理由と人気競技の魅力を徹底解説!!

2018.06.02

まとめ

  • 短冊に書く願い事の書き方は子供の成長度合いによって変わる
  • 出来るだけ子供の意見を尊重してあげた方がいい
  • 親の子供への願い事は「子供が元気に楽しく成長してくれる事」が多い
  • 3歳くらいの子供はヒーロー/ヒロイン/アニメのキャラ願望が強い
  • 3歳以上になると願い事はより具体的になってくる
  • 願い事は宣言型にする事で叶う可能性がUPする

毎年恒例の七夕イベント。子供の夢、目標を知るいい機会にもなります。

沢山お話して楽しい七夕を過ごしましょう!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

スポンサーリンク